有名人・芸能人の名前を姓名判断

ここでは有名人の名前を運勢別に紹介してみたいと思います。比較的吉名の有名人と、凶名をもつ有名人を男女別に紹介し、さらに女性の寡婦運について、強名を有する凶悪犯罪者についても見ていきたいと思います。以下、目次です。

1. 吉名を有する有名人~男性編

・吉名の根拠ですが、前運・主運・副運・総運の四つのうち主運を含む3つ以上に吉数があり、なおかつ三才の配置が万全なものを吉名と致します。名前が吉名ですと才知に恵まれるため、頭の良い人が多いのが特徴です。また多くは円満な人柄で、敵をつくることがほとんどありません。素晴らしい発展的運勢をもつため、自ずとその世界で頭角をあらわします。
高倉健
 『幸福の黄色いハンカチ』や『鉄道員』などで知られる俳優。前運・主運・副運・総運いずれも陽の木ですが、陽の木には外面温柔なるも内面不屈の暗示があり、特に男性には大吉数です。三才の配置も素晴らしく、大木が空高く伸びてゆくような形。また、木の性質には男気・真面目・着実などの暗示があり、いずれも健さんの性格と合致するのではないでしょうか。しかし、本名である小田 剛一は不遇の暗示です。ただし、高倉健という名がこれほど定着しているので、本名の霊意はほとんどないと思われる。
ビートたけし
 お笑い芸人、また映画監督としても有名。名前はビートを姓に、たけしを名で鑑定していますが、名がたけしですので必然的にビートを姓に立てています。成功運隆昌ですので今日までの成功も頷けます。ただし、本名の北野 武は人格部に事故運である19をもち、天・人の関係も悪い凶名。芸名を「ビートたけし」にした頃から人気があがっており、氏の芸能界での大成功はこの名前にあると言っても過言ではありません。ちなみにツービートも11画で大吉。
森田一義
 タモリとして知られるお笑いタレント。名前は前運に14の孤独運があるだけで、あとはほぼ完璧の相を呈しています。主運6、外運25、総運31、この関係は非常に雅量があって温柔です。また、人格・地格の関係を見ると、年下からよく慕われることが分かります。そして31の数は智・仁・勇を備える温厚な頭領運です。終わってしまいましたが、「笑っていいとも」での様々なタレント達との和やかな雰囲気を見ると、それがよく分かるのではないでしょうか。
宮﨑駿
 「スタジオジブリ」でよく知られる映画監督・アニメーター。四大運にすべて吉数を備え、なおかつ三才配置万全の大吉名です。主運の29数は知性に溢れ極めて活動的な性質であり、これが天格の木を生じるため成功運著しく、大発展をする暗示があります。地格には人格の水を生じる金があり常に生じられているため、体力が強く晩年に入っても衰えを知らず。さらに物事の帰結・結果をあらわす総運の39数は明知・繁栄・権威などを意味する数であり、現在の宮﨑監督の地位を象徴しているのではないでしょうか。
三宅一生
 ISSEY MIYAKEで知られる世界的ファッションデザイナー。2016年には仏レジオン・ドヌール勲章を受賞した。主運には17数・陽金を有しており、果敢な行動力と強堅な意志をもって突き進む気概あり、さらに三才【水・金・土】と完全の相を成しているため、どのような境遇にあっても成功する運勢を有しています。人格・外格に金が並んでいるため、やや自我が強く頑固過ぎる傾向はありますが、前運・総運には穏和さを象徴する土があるため出過ぎず、万事意の如く伸びていきます。総運の15数は有徳・名誉・繁栄の最大吉運ですから、特に後年は福が多い。
池上彰
 ジャーナリストであり、元NHKニュースキャスター。名前は三才の配置完全にして成功運・基礎運ともに非常に良い。健康にも恵まれるでしょう。また主運7、副運8という金の並びは鋭い気性で敏腕、素早い行動力をあわせもちます。また総運の24は知達運と称し、優れた知力を有する数ですから、現在までの池上氏の活躍もそれに対応するものです。加えて金運も良いでしょう。ただ前運の14から見るに、少年期にやや鬱屈とした日々を過ごしたことが推察されます。
西島秀俊
 俳優。1971年生まれ。主運17の権勢運をもち、内面には案外鋭い気性をもっているでしょう。天人地の配列は土金土といずれも生じられているため、胆力・精神力は相当強いです。また、副運に15、前運に16の土をもつので、金がうまく緩和されてバランスが良い。さらに総運の32は人徳あり、福徳あり、財運にも恵まれる僥倖運ですから、これからますます発展していくことが分かります。文句なしの素晴らしい名前です。
長友佑都
 プロサッカー選手。私が見たサッカー選手のなかでは最も良い名前です。前運23意気盛んなる闘志を有し、主運11不屈の精神力をもち、副運24才略に長じ、総運35やや胆力に欠けるも協調性・福徳あり勉学において伸びる。また三才の配置が旺じているため、健康面・精神面も強く、ちょっとのことでは挫けぬ逞しい気概をもっているでしょう。一生を通じて平穏かつ幸福に恵まれる配置です。
小泉進次郎
 元総理大臣である小泉純一郎の息子で自民党所属の衆議院議員。前運35の技芸発達運に知達運である人格の24をくわえるため、勉強家にして相当の知力ありと見ます。また副運23の頭領運が主運の火を強めているため、辣腕家であり、かつ弁舌にも巧みであることがうかがえます。そして総運の47は若い頃の苦労が報われ花の開く暗示です。今後、小泉氏が相当の功績を残すであろうことは想像に難しくありません。将来有望の大吉祥数です。
上田晋也
 お笑いコンビ、くりぃむしちゅーのツッコミ。これは順風満帆なる配置です。前運の13は勉学に能力を発揮する学芸発達運であり、主運15は穏和にして雅量のある最大吉数。そして副運の6は明るい気性が周囲に好かれる徳望運ですから、おそらく周囲に敵をつくることはまずないでしょう。また総運には21の権威頭領運があるため、意志も強く、不屈の忍耐力をもち、成功運・基礎運ともに磐石ですから、今後も努力を惜しまなければさらなる発展が期待できます。
有吉弘行
 お笑い芸人。名の読みは「ひろいき」。外格に12の薄弱・病弱運があるものの、三才の配置も良く、総運に23の隆昌発展運を有するため、自ずと成功する運命の人です。その過激な発言などが度々取り沙汰されることがありますが、この配置から読み解くに、それほど内面に怒気を含んだ人ではなく、むしろ前運の11・主運の11から察するに、漸進的で誠実かつ真面目な面をもっていると言えます。23は頭領運ですので弁に長じ、人をまとめるのも上手です。
吉原義人
 有名人ではないかもしれませんが、その世界では超有名な刀鍛冶。天才的な刀鍛冶といわれ、全国の300人ほどいる刀鍛冶の頂点に君臨する男です。名前は成功運はもちろん基礎運もすこぶる強固。主運に23の隆昌運・総運に31の勇猛運を備えており正に質実剛健です。刀鍛冶という職業から連想される火が、人格という中心に位置し、美しく燃えあがっている理想的な吉名です。

吉名を有する有名人~女性編

・女性タレントや女優にも吉名を有する人がいますが、その仕事の特質上やはり強さが求められます。そのため、女性タレントや女優の名前には寡婦運や男勝りな数が含まれていることが往々にしてありますが、ここでは円満な福運を備えている女性有名人を主に挙げてみたいと思います。もちろん男性同様、名前が吉名であれば環境運や対人運に恵まれ、仕事運も上々です。
広末涼子
 女優・元歌手。主運に17、外格に18の金を有するため、その外見に似合わず相当頑固な面をもっています。ただし、地格に15、総運に35の福寿円満数を有しているため、金の鋭さが緩和されとてもバランスが良いです。三才の配置も水・金・土と完璧であるため、精神力も強く、健康面も心配することはありません。女優業においても、努力を怠らなければ長く安泰だといえるでしょう。
深田恭子
 女優・歌手・タレント。主運・副運ともに15の福徳円満数をそなえているため、性格はおっとりとして温柔です。動作も比較的ゆっくりな方ですが、三才の配置が金・土・火と完璧の相を呈しているため、行動力・積極性ともにある方です。この配置は成功運が非常に強く、仕事に困ることはまずないと言えます。ただ、総運に30の吉凶半数がありますので、努力を怠れば衰退を招く可能性もあります。しかし、全体においては境遇安泰の良名です。
木村文乃
 女優。主運には男女共に最大吉運である11数を有していますが、この数は穏和・誠実・不屈等の意味をもつため、外見は穏和・平静でも内面には固くしっかりとした意志の強さがあります。また、その三才は木・木・土という形の順境発達運であるため、発達は遅くとも徐々に確実に伸長していきます。人格・外格関係にやや難があるため中途で苦心あるものの、総運には強い気力と意志の強さをもった17の金があるため中途挫折の傾向はなく、今後も挫けず邁進していくでしょう。
浅田真央
 フィギュアスケート選手。前運15、主運15と温厚な数である15が並んでいるので表面非常に穏和ですが、副運に17の剛情数を備えているので内面に強い意志力あり、よくバランスが取れています。さらに総運の32も丸みのある穏和数ですので、その柔らかい人柄が好かれるのも納得ができます。ただし、人格と地格の土・土の関係においては不活発の暗示があり、目的やや伸び悩むとみます。成功貫徹には不断の努力を必要とするでしょう。
鈴木登紀子
 ばぁばとして知られる料理研究家。1924年生まれ。相当に学識のある鑑定士が名付けたと思われるほど完璧な吉名です。女性には、男性には吉であるが女性には凶となる数が幾つかあるので、男性よりも吉名を付けるのが難しいのですが、これはよく整っています。主運の16は女性にも良いとされる温良な頭領運であり、それが前運24の達識運に支えられ順風、さらには総運に41の大吉祥数を有し、一生を通じ確固たる不動安泰を享受すべき運勢と言えるでしょう。
櫻井よしこ
 保守論客としても知られる女性ジャーナリストであり、元ニュースキャスター。名前は姓名学的には完全の相を現しています。土金土という三才配置は外柔内剛の質ですので、外見柔らかくも内面は胆力あり豪毅な一面もあるでしょう。また人格の七という数は権勢運であり女性にはやや強すぎる数ですが、敵も多いであろうジャーナリストとしてはかえって良いのではないでしょうか。ただし、本名の櫻井 良子は前運10の凶、天格人格の関係相剋で健康運やや弱いと鑑ます。
北川景子
 女優。主運に最大吉運である15を有し、三才の配置が気を通じているため基礎運・成功運ともに強運です。また外格には剛情さをあらわす8数があり、気が強い側面もあって女優としては吉となるでしょう。ただし、総運の23は仕事においては隆昌な発展的運数ですが、女性として寡婦運であり、恋愛や結婚にはやや難が出ると見ます。
内田有紀
 歌手、女優。前運に15画円満幸福数、主運に11画最大幸運数を有し、副運は13画の明朗人気運であり、総運は24画才略金満運を有している非常に恵まれた名前である。性格は温順で柔らかく、人当たりがいいでしょう。また三才の配置も旺じており、漸進的かつ健全な発達をします。内田さんは2005年に吉岡秀隆さんと離婚していますが、もしこの時姓が内田から吉岡に変わったのであれば、主運に14画があらわれ離婚運となります。

凶名を有する有名人~男性編

・凶名の根拠ですが、前運・主運・副運・総運の四つのうち凶数が二つ以上あり、なおかつ三才の配置が悪いものを凶名とします。名前が凶名であれば悲運・逆境は免れませんので、性格的にもひねくれてくる場合がほとんどです。そのため恋愛・結婚運や対人関係も悪くなり、自分からさらに悪い方へと運を誘導させてしまう暗示があります。三才の配置が悪いため健康運も優れず、病難や災難によって没落してしまう凶暗示もあります。
田代まさし
 タレント。天人の関係水水であるため、成功運強く、時に大勢力を発揮する者ありといえども、主運・副運ともに9数の逆境運を有しているため多難です。9数には孤独・離散・刑罰などの凶兆があります。また本名の田代政はさらに悪く天人地の配列は最大凶悪の暗示を示しており、どのようにしても悲運・薄幸・逆境を免れぬ運です。ちなみに政は正の意を含んでいるため、旧字体の8画ではなく9画でとっていますが、どちらが当たるかは皆さんの判断にお任せします。
河本準一
 芸人。主運19、総運29と9数が二つあるため非常に頭の回転が速い切れ者であると判断できます。しかし、主運の19は知謀あり行動力に長けるも逆境を免れぬ数であり、人生全体において波乱が多いでしょう。また外格の10数も波乱に満ちた凶数であり、環境運も悪いとみます。それに加え、三才の配置が火・水・土と非常に悪く、健康を害しやすいのに加え突如の難事に遭う危険を孕んでおり、今後の活動も安穏とはいきません。
いしだ壱成
 俳優・ミュージシャン。成功運が水金と大吉であるため比較的早くから世に名を馳せる暗示です。しかし、前運19、副運10、総運28といずれも逆境・遭難運を併有しているため障害挫折の兆候にあります。さらに人格・地格の金水の関係は、著しい不幸に見舞われやすい凶配置です。また本名の星川一星はさらに悪く、副運の18以外全て凶数、また人格・地格の関係は火水と不安定極まりない配置。これは病難・事故を招来しやすい悪運です。
松本秀人
 X JAPANのギタリスト、hideの本名。天人地三才の配置は火木水と旺じており成功運・基礎運ともに吉です。しかし四格すべてに凶数、しかも薄弱運2つ・虚無運2つを有しているため万事において無気力となります。その死因は自殺・事故、どちらともつかないらしいですが、姓名判断からはっきりと見て取れるのはその内面の空虚感です。おそらくこの数の配置からして、ミュージシャンとしては大きな成功を成し得たものの、常に心は不満感・不安感に支配されていたのではないでしょうか。
奥山英志
 元テレビリポーター。2011年に調布市で首吊り自殺、61歳没。主運14破滅運、副運20虚無的大凶数、総運34これまた破滅運を有しており、その多難な人生がうかがえます。天格・人格の関係は土火と強固であり、成功運は強いものがありますが、人格・地格の関係は境遇に不安あり、内外不和の暗示ただよう孤独運です。この配置を見て真っ先に感じることはまさに「孤独」の一文字であり、その内面にいつも物寂しさがあったことをうかがわせます。
保阪尚希
 タレント。プロフィールを見ると「7歳の時に両親を自殺で亡くしている。」とあります。幼い頃の運を現す前運は15と吉数だが、主運20の虚無数、総運36の英雄波乱運を有しており、なおかつ三才の配置は水と土の関係で急変災禍の暗示を蔵しているため一生を通じて災いが絶えません。なお、保阪さんは過去に保坂尚輝という名前でも活動しており、これが最も良いのですが、何か悪いことでもあったのか再び名を変えています。本名は外見よくも内実困苦多しの暗示です。
伊良部秀輝
 元プロ野球選手。事業の失敗や妻子との別居などから精神的に追いつめられたことが原因で自殺したとされる。前運と主運に22の薄弱運を有し、28の禍乱遭難運、そして総運は50、一成一敗の波乱数であり四格すべてが凶数です。これに加え、主運の木が天格の金に剋されているため、精神的な悩みや神経症などを発しやすく、伊良部さんが常に気苦労を抱えていたことがうかがえます。その不遇な境遇を察するに余りある凶名です。
石井竜也
 ミュージシャン、プロデューサー。おそらく成功者としてのイメージが強い方ですが、相当な苦労をされていることがその姓名から読み取れます。まず主運の14は離散・破滅を象徴する数ですから、家族との縁も薄く孤独を嘆じやすい凶数です。総運の22は薄弱運であり、健康を害しやすく挫折の傾向があります。さらに三才の水・火・火は成功運に恵まれず、常に逆境に曝される凶配置ですから、ストレスが溜まりやすく神経症を発しやすいとも言え、健康にも要注意です。ちなみに別名であるカールスモーキー石井は総運24数で吉。

凶名を有する有名人~女性編

・凶名をもつ女性有名人は多いです。周りから見ればいかにも成功して幸せそうだと憧れるような人物でも、名前を見ればその運勢が良いか悪いかすぐに分かります。また、女性には女性特有の寡婦運という数もありますので、全体に見れば男性よりも凶名をもつ可能性が高くなっています。ここでは特に悪いと判断される女性有名人を取りあげてみようと思います。
藤圭子
 演歌歌手。2013年飛び降り自殺により死亡。出生名である阿部 純子、結婚後の本名である宇多田 純子ともに吉名である。しかし芸名の藤圭子は著しい凶名であり、主運には比較的自殺の多い27画が出ています。また人格と地格に現れている金水の関係は、非常な苦境に陥る暗示を示しており多難です。ちなみに運勢は、その本人が自分の名だと確信しているか、あるいは最も愛着をもっている姓名の誘導力が強くあらわれます。ゆえに本名よりも芸名の誘導力が勝る場合が往々にしてあります。
吉田美和
 歌手。主運と副運ともに14の離縁運を有しているため、多くの悲しい別れを経験する暗示があります。またあまり知られていませんが、総運の28は凶数であるとともに準寡婦運であって、結婚に障害の出やすい数です。28は豪傑的状態を有するため、女性には少し強すぎ、夫との対立・不和の暗示濃厚となります。さらに三才配置は木・火・金の凶で晩年病難に遭遇する恐れあり。一生涯を通じて多くの災いをうける凶名です。
香月弘美
 元タカラジェンヌ。宝塚大劇場での公演中に、着用していた衣装の裾がせりの駆動部分に巻き込まれて死亡。享年23。香月さんも上記の藤さんと同様、本名の小笠原 弘恵は外運に26の英雄波乱運があるだけで概ね吉名です。しかし芸名の香月弘美は著しい凶名であり、最も甚だしい凶事を招くのは天人地、火水火の配置です。これは姓名学上の最も危険運であり、常に心身を労し休まらず、急変病難の凶兆つよく、最悪は不慮の事故・災難により変死するという悪運であり、命名には最も避けなければなりません。
上原美優
 元タレント、グラビアアイドル。24歳没。主運19は知謀と行動力あるも逆難を免れぬ運、副運の20は暗澹たる運命の兆しある虚無運であり、これらが二つ並んでいることからその内面はとても空虚であったことがうかがえます。さらに悪いのは天格・人格の関係が火と水の関係であることです。人格の火が水によって消されますから、最悪の場合は短命に終わる悪運であり、さらに地には土がきて剋されていることから助けがなく無力となります。ちなみに本名の藤崎睦美はこれほど悪くはありませんが多難の暗示です。
一青窈
 台湾出身の歌手。名は主運に18の強健なる発達運を有するものの、他すべて凶数であり、特に前運に10の虚無数、副運に2の分離薄弱運を有することから、健康運がとても弱いことが分かります。また水金木の配置には外見良くも精神やすまらずとあり、その外見や成功発展にかかわらず、彼女の内面には人に言えぬ悩みや気苦労があると思われます。さらに総運も凶数となっているため、アーティストとしての今後の活動が心配されるところです。
加護亜依
 タレント、元モーニング娘のメンバー。主運に29の行動的知謀運を備えていますが、これは女性には準寡婦運といわれる凶数であって、恋愛や結婚に障害があらわれる暗示です。総運の42は器用貧乏になりやすい薄弱運。天人地の配置は土水土の大凶となっていますが、これは急変急落の暗示強く、また外見安定に見えて内実は苦心困難が絶えず、周囲からも批判を浴びやすい凶配置です。
浜崎あゆみ
 歌手。主運と前運に凶数あり多難の暗示です。基礎運は火・水となっていますが、これは危険運であり、健康運はもとより事故や災難など不慮の災いにより没落する暗示があるため、今後の活動の行方も懸念されます。また本名である濱﨑 歩も、主・副運ともに凶数をもち三才の配置もやや難があるため不運は免れません。ただし、晩年は前半生と比べればやや恵まれるでしょう。

寡婦運を名前にもつ女性有名人

・寡婦運は後家運とも言いまして、これをもっている女性は恋愛運に恵まれず結婚が遅くなる傾向にあります。結婚後に姓が変わり寡婦運が現れた場合には、夫との運勢的な暗闘を生じるため家庭運が非常に悪くなり、様々な面において悪運が顔を出します。また結婚運や家庭運だけでなく、寡婦運をもっている場合は性格が鋭くなるため、職場での環境運や対人運に恵まれない暗示もあります。
沢尻エリカ
 女優。金が縦に二つ並んでいるので自我心強き対立運です。また副運に21、総運に29の寡婦運を二つ有しているため、社会的には頭角をあらわすきらいがありますが、結婚に縁遠く女性としての幸せは得られません。7、8、21、29はすべて積極性・攻撃性のある強い数ですので、まさに男勝りといった感じです。天格・人格の関係は木金であるため成功運に乏しく、いたずらにエネルギーを消耗する向きがあって、仕事においても達成感を得にくいですが、常に努力邁進することによって成功を挙げるでしょう。
黒木瞳
 女優。総運の33画は女性には強烈な寡婦運・孤独運として知られ、仕事はバリバリこなしますが周囲からの孤立・孤独を免れません。黒木さんは主運にも21画の偉大なる頭領運を有しているため、円満さを欠き周囲とは馴染まぬ様子です。また天・人の関係は土木と成功運にも乏しく、おそらく本人は不遇だと感じているでしょう。ただし、本名の伊知地昭子は主運に15、総運に32の穏和福徳数をそなえており家庭的にも吉。姓名の暗示力はどちらの名前を多く使用しているか、あるいはどちらの名前に愛着をもっているかどうかで変わってきますので、本人が普段どちらの名前を強く意識しているかにその暗示力が左右されます。
中山美穂
 歌手、女優。説明するまでもなくこの名前には強烈な寡婦の相があらわれています。副運の21、総運の33は、女性は夫を凌ぎ霊的な暗闘を生ずる数であり、たとえ本人たちが円満の徳をもっていたとしても、必ずその暗示力があらわれ最後には離婚、あるいはどちらか運勢の弱い方が死に至るという暗示があります。中山さんは2002年に結婚し、姓が辻となっていますが、この名前には寡婦の相がなく悪くありません。しかし、「中山美穂」という名前を使っている限りその影響は無くなりませんから、やがてその力が悪運をもたらすことになります。
和田アキ子
 歌手、タレント。「和田アキ子」は寡婦運でもあり凶名でもあります。姓名学では金が縦にも横にも並ぶのは性格的に強くなり過ぎるためよくないと見ます。和田さんも人格7と地格8で金が二つ並んでいますが、これは自我心強きため非難や対立を呼びやすい険悪運となります。そして総運には強烈な寡婦の相を示す21の頭領数がありますが、女性タレントや女優の場合はこのような強い数により成功する場合が往々にしてあります。ただし、主運の金は天の火に剋されているため精神的に消耗しやすく、副運14の性質からやや神経質で気弱な面があるでしょう。ちなみに本名の飯塚現子に寡婦の相はなく、むしろ福運をもっています。
細木数子
 占い師。言うまでもなく33画は強烈な寡婦運であって、これが一つあるだけで恋愛・結婚に計り知れない凶兆があらわれます。また強烈な数であるため、恋愛や結婚だけではなく、環境運や仕事での対人関係などにも災いがあります。細木さんの場合は主運に19を有しており、これは知謀才略に長け行動力もあるため強い先天運の持ち主であれば著しい成功を挙げることも出来ますが、その凶禍から逃れることはできません。さらに副運の14は別れ・破滅を意味し、天人地の配列は稀に大功を奏すも非難運。33画の霊威ゆえ、晩年は孤独となる暗示です。
田嶋陽子
 元参議院議員。総運の39は寡婦運の代表的数です。33画と並ぶ強烈な寡婦運で、女性には強すぎるため結婚に縁遠く、結婚しても不幸を逃れられぬ数。39は大地を圧するような強烈さがあるため、社会的には成功する兆しがありますが、こと家庭や実生活においては対立や非難の暗示があります。ちなみに寡婦運を名前にもつ女性というのは、往々にして結婚して姓が変わっても再び寡婦運が現れることが多く、そのような場合には結婚後通名を変更しなければ吉祥は得られません。
安室奈美恵
 歌手。前運の29は準寡婦運といって、33や39ほど強烈ではないが離縁を誘発しやすい女性凶数です。また総運の44は破壊・離散をあらわす凶数であり、親しい人との悲しい別れを暗示しています。安室さんは成功運こそあるものの、主運以外を凶数で占められており、多難・不遇の暗示濃厚です。さらに人格・地格の金水関係は、過度の苦境に陥る可能性を秘めており、今後の人生の行方が懸念されます。
宇多田ヒカル
 歌手。総運に23画の後家・寡婦運がでており、結婚運は悪いといえます。23数は卑賤より身を起こして一代で財名を築く有意の頭領運であり、その隆昌なる霊威により仕事では大きな成功を挙げる可能性がありますが、女性においては寡婦運であり凶となります。寡婦運は家庭において凶というイメージがありますが、実は家庭のみならず、職場やプライベートでの人間関係や環境運にも強く関わってきます。ちなみに本名の宇多田光にも同じように寡婦運がでています。
前田美波里
 女優。マイク真木さんと離婚していますが、総運の39数は頭領運であり女性には最も強烈な寡婦運です。この数は財運・名誉運が強いので仕事においては秀でた活躍が期待できる数ですが、女性にとっては霊威が強すぎ恋愛・結婚運は非常に悪くなります。ちなみに前田さんの場合は寡婦運以前に主運に14の離縁・孤独運があるため離婚の暗示が強まります。三才の配置が悪いので健康運も悪いと見ます。

強名を有する凶悪犯罪者の例

・姓名判断で吉名というと、いかにも幸せで何事も順風満帆に進む運勢の持ち主が想像されると思いますが。意外にも吉名(強名)をもつ凶悪犯罪者は多いものです。それはなぜかと言いますと、吉名をもつ者は自分の目標は必ず達するという強い運をもっているため、それが良いことであれ悪いことであれ達成してしまうからです。これはつまり、いくら名前に吉数をもっていても、自分の考え方が悪ければ当然悪い方へ物事は運ぶということです。
植松聖
 【相模原19人刺殺事件】の犯行者。2016年7月、知的障害者のための入所施設「津久井やまゆり園」に忍びこみナイフで19人を刺殺した。その姓名は偉大なる頭領運にして強烈な運勢を有する21数・33数を有しています。特に総運の33数は下記の加藤にもありますが、凡人には身につかないとされる極めて強い運勢を有し、これが暴発する時は甚大な影響を及ぼします。特に植松容疑者の姓名には前運・副運・総運と三運に火があるため、これが炎のように燃え盛る強い火を形成しますが、天格には水があってこれと火が相剋するために著しい凶暗示となります。また、その三才【水・木・火】は健全な発達を阻害される病難・流亡運であり、天格の水が火を打ち消していることから人生において強い逆境の災いがあり、ために内面的に大きな変化を生じやすいとも言えるでしょう。その名は四大運全て吉数にして成功運が強いですから、植松容疑者単独の犯行にしてこれだけの甚大な被害となったことも頷けます。
加藤智大
 秋葉原無差別殺傷事件を起こし7人を殺した罪で死刑が確定。主運に33の偉大なる隆昌運を中心とし、前運・副運・総運すべて吉数、さらに三才の配置は土・火・土の大吉であり極めて強い発展運であることが分かります。しかし屈曲した性格のせいか、その発展的運勢は悪い方へと伸び、遂には大事件を起こしてしまいました。このように、いくら名前が完璧な吉名であろうとも、本人の考え方や行動が悪ければ当然悪い方へ物事が運ぶという最たる例です。特に三才の配置が完全の場合、自分が抱いた目的は必ず達するという強い意志と運勢があるため、悪いことを企んだ場合には大惨事を引き起こす可能性があります。なお、主運の33数は非常に強烈な運勢をもちますが、一歩間違えれば奈落の底と言われる悪運も秘めています。また、この数は凡人には身につかないとされる運数であり、普通名付けには避けるべき数です。
麻原彰晃
 オウム真理教の元教祖。坂本弁護士一家殺害事件や松本サリン事件、地下鉄サリン事件などの重大犯罪を起こし死刑が確定。名は上記の加藤と比べれば完璧とまではいきませんが、それでも強烈な運勢を発揮する良名となっています。麻原は代表として教団の人間を支配し操っていましたが、それを示す21のリーダー数が外格に出ています。また、主運・前運には秀でた知力と才略を有する24が重なり、さらに総運には策略に長けた45数がありますから、麻原が犯罪やその他のことに関し緻密な考えをもっていたことがうかがえます。しかしやはり上祐史浩が「麻原は人の心を読む感受性は鋭く、超能力のようなものは確かにあったが、能力と人格が一致しない人物だった。麻原の根源は、逆恨みと被害妄想。弱視だった子供時代からの逆恨みを社会に広げた人物だ」と言うように、間違った考え方・悪い考え方で行動を起こした場合には、姓名の暗示力はかえって悪い方へと発揮され、最悪の事態ともなるわけです。また、本名の松本智津夫は不遇の人生を示しています。
都井睦雄
 津山三十人殺しとも呼ばれる事件の犯行者。1938年に岡山県苫田郡西加茂村で起きた事件で、計30人が死亡。凶数は外格に28の独断的剛情数があるのみで、それ以外は強い発展運を示しています。主運・副運に金が並んでいますから、性格的には怒りやすく豪毅です。一部に犯行の動機が自分を拒否した女性に対しての恨みだとありましたが、金が並んでいると怒りやすいことに加え、恨みをもちやすくなります。また三才の配置は水・金・土と成功運著しく、あわせて33人が死傷するという大惨事になったのも頷けます。さらに総運の45は麻原と同じであり、これは計略知略に優れる数ですから、犯行に対しては緻密な計画をしていたことがうかがえます。
宅間守
 2001年に起きた小学生無差別殺傷事件の犯人の犯行当時の名前。強い意志と自我心をあらわす金が縦に三つ並び、さらに横にも並んでいることから、自我過剰・神経質・冷酷などの性情が強く発揮されることが分かります。犯行に及んだその原因としては、おそらく宅間が育った家族環境が大きく影響していたものと思われますが、金・金・金の配置は他よりも抜きんでて怒りを溜めやすく執着心も非常に強いため、最終的には幼少期からのあらゆる不満・怒りが積もり積もった形であのような悲惨な事件が起こったのだろうと推測できます。これは強名の最たる例で、名付けには絶対に避けたい配置です。
金川真大
 2008年に起きた通り魔事件、土浦連続殺傷事件の犯行者。主運11、前運と副運に13、総運に24を有する典型的な吉運を有する名前です。しかし、「誰でもいいから殺したかった」や、「俺は神だ」「俺のやることが全てだ」などの発言から、非常に身勝手で幼稚な考えをもった人物であることが分かります。これは推測でしかありませんが、このような人物が育った背景には、やはり親の躾や接し方が多分にあると思います。いくら姓名判断で子供に吉名を付けても、しっかりとした躾をして立派な考え方をもたせなければ、その強い運勢を良い方向へ伸ばしていくことはできません。

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ