「火」の五行に難がある著名人の病例

五行五臓五賦五官五主
小腸
発症しやすい病気
心臓病、急性心不全、心筋梗塞、心筋炎、心膜炎、大動脈瘤、脳腫瘍、脳出血、クモ膜下出血、十二指腸がん、腸閉塞
あらわれやすい症状
貧血、不整脈、精神衰弱、倦怠感、自律神経失調症、睡眠障害、高血圧、低血圧、冷え性、狭心症、舌の異常
松野莉奈 (歌手・タレント)
『2017年2月8日死去。18歳6ヶ月と23日。前日2月7日に開催された大阪でのコンサートを体調不良のため出演をキャンセルし自宅で療養していたが、8日午前5時頃に容態が急変。救急搬送されたが、病院で死亡が確認された。』三才は【水・火・木】であり、特に脳や心臓に関わる突発的な病難に襲われやすい急変運となっている。天格の19数・陽水は河川のような強い水であり、人格の火を掻き消すため急変的作用が特に強まる危険運。
大原麗子 (女優)
『2009年8月6日、連絡が取れず不審に思って警察に通報していた実弟らによって、自宅で死亡しているのが発見された。行政解剖の結果、死亡推定日時は同年8月3日。死因は不整脈による脳内出血であると診断された。』三才は【火・水・木】となっており、人格の水が天格の火を強く剋している形で、火・水に病難の暗示がある。五行「火」は心臓・脳・血流など生命活動の中心を司り、これに難あればあらゆる病難の暗示あり。
神戸みゆき (女優・タレント)
『2008年6月18日4時8分に心不全のため死去。』三才配置は【火・金・水】で、火が弱まっている。また本名は神戸美有紀だが、こちらは三才すべて火となっており、これも「心」に難のある暗示。三才すべて火の場合は短命となる暗示がある。
羽生未来 (タレント)
2002年に脳腫瘍と診断され即入院。その後2005年に肺がんと診断され同年死亡。30歳没。主運の10数は病難運であるのに加え、三才は【木・水・火】となっており火に難があることが分かる。また外格にも火があり、人格の水は外格・地格と敵対しておりとても弱まっている。このように火に難があると脳に災いを発しやすい。
河本栄得 (お笑い芸人)
25歳という若さで劇症肝炎による脳出血のため死亡した。人格と外格はともに水で、これが天格の火を強く剋しているため、火が弱まっておりここに病難を発しやすい。また主運の19・20数はともに病難の暗示をはらんでいる。
松田直樹 (サッカー選手)
2011年8月2日9時58分頃、松本市の梓川ふるさと公園にて同チームの練習中に心肺停止で突然倒れ、34歳の若さで死亡。四大運はすべて吉数だが、三才はすべて火となっており火に難がある暗示。また、このように三才すべて火の場合は急変・急難の兆あり短命の誘導が出る。ちなみに松田さんは先天運においても火が過剰であり、しかも忌神となっている。
久保寺雄二 (野球選手)
『プロ10年目のシーズンを迎えようとした矢先の1985年1月4日未明、帰省先の実家で就寝中に体の不調を訴え、救急車で近隣の病院に運ばれたが手当の甲斐もなく、急性心不全で急逝。26歳の若さだった。』三才は【金・金・火】であり、火がとても弱っている形。また前運と副運の火はともに凶数であり、不慮の災い・病難などの暗示をはらむ。
高橋優子 (騎手)
急性心不全のため23歳で死亡した。三才は【土・火・水】で、火が極めて弱まっている形。外格にも13数の火があるが、木の助けが欲しい。また前運の20数は大凶数で災難・病難など強い凶相をふくみ、総運の46数も病難の凶相をはらむ。
田岡一雄 (山口組三代目組長)
『1981年(昭和56年)急性心不全により68歳で死去』主運の水は外格の金に生じられていて強く、この水が天格・地格の火を剋しているため「火」に難があることが分かる。また主運の9数・総運の26数ともに凶数であり、これは晩年病難運である。
浦山桐郎 (映画監督)
1985年に急性心不全により死去した。享年55。四大運に問題はないが、三才はすべて火となっており、急変・短命の暗示がある。火は「心」で心臓や脳などに病難を発しやすく、それも急変運であるため、急性心不全や急性心筋梗塞などを発しやすくなる。
阿藤快 (俳優・タレント)
胸部大動脈瘤破裂で69歳という若さで亡くなった。人格・地格ともに水で、これが天格の火を強く剋しているため「火」に難がある。また外格も14数の火となっており、火に病難を発しやすい。ちなみに大動脈瘤とは高血圧や動脈硬化が原因でなる病気であり、血流と関係がある。血流を司るのは「火」である。
本田竹広
『2006年1月12日 心不全で死去。60歳。』本名は本田昂。本名の三才は【火・水・火】となっているが、これは人格の火が天格・地格両方から剋されているため突発的な病難・災難を発しやすい危険運といわれる。如何に四大運すべてが吉数でも吉祥が発揮されにくく、波乱の人生となることが多い。
吉村秀樹 (bloodthirsty butchersのボーカル)
急性心不全のため46歳の若さで逝去した。三才は【火・火・火】で、火に難があり、特に心臓や脳などにかかわる突発的な病難を発しやすい形である。また名前は前運以外はすべて凶数となっているため、万事において逆境・不遇・病難多し。
今井洋介 (写真家・ミュージシャン)
31歳の若さで心筋梗塞のため急逝した。前運・主運・総運に病難数を含む凶数があることに加え、三才は【金・火・火】で火が弱まっている形。この場合、火は水に剋されているわけではないが、金を剋すために自然と火は弱まる。また外格にも金があり、火はこれを剋すためさらに弱まる。
水口洋治 (詩人)
『2013年8月31日、心筋梗塞のため死去。65歳没。』三才は【金・火・水】であり、火が極めて弱まっている形。また、人格の火は地格の水と敵対するため病難・災難などの危難がある。外格には火の助けがあるが、木が欲しいところ。また総運の26数は大波乱運であり、病難を発しやすい。

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ