姓名判断の原理

当サイトでは五格剖象法を用いて姓名を鑑定します。
五格剖象法とは、姓名を天格・人格・地格・外格・総格の五格に分類して吉凶を判断する方法であり、実際には以下のような形で占います。
このページでは姓名判断の手法を各パーツごと具体的に解説していきます。

姓名判断 - 五格剖象方

五格剖象法

天格
 姓の文字を合計した数。天格の数理だけが直接的にはたらいて運命を導くことはないが、名との関係によって人格や外格を形成する。また、人格との関係に於いて成功運をうかがうことができる。
人格
 姓の最後の文字と名の最初の文字をあわせた数。祖先より伝承される天格と、自身の名である地格との中間に位置するのが人格である。人格は体にたとえると心臓などのある体幹部にあたり、この数を見ることによってその者の性格や能力、また健康運や家庭運などを知ることができる。姓名の中核である人格は一生をつうじて最も強い影響をもたらし、人生の中心となる壮年期の運命を司るところである。
外格
 総画から人格部を取り去った残りの数。ただし、一字姓・一字名の場合は外格となるべき文字がないので、数の根本である一を加える。外格は副運といい、人格に次ぐ影響力をもってその者の運命を左右する。人格が家の柱だとすると、外格はそれを周囲から囲む壁である。主に家族や対人関係など、周囲の環境に対して強く作用する部位である。
地格
 名の文字を合計した数。特に少年期から青年期までの運命に強い影響を及ぼす。幼い頃の家庭環境や周囲との関係、さらに生まれもった素質や体質などを暗示するのである。ただし少年期には自己の先天運や家族の運勢にも影響されるため、地格が吉数だから幸福、あるいは凶数だから不幸だと一概にはできない。また壮年を過ぎて地格の影響が消えるわけではなく、次第に弱まりながらもその霊威は生じつづける。また、人格と対称して基礎運を司る。
総格
 姓名の文字をすべて合計した数。別名「後運」といい、主に壮年期から晩年にむかって強く影響するが、時に前半生に於いてもその威力を発揮する。総格の霊威が前運にかわって擡頭しはじめるのは大体三十代後半からで、五十を過ぎる頃にはその影響が顕著となる。従って総格が吉数である場合は晩年相応の幸福をうける。
天人地三才の配置
 三才とは天・人・地のことです。まず祖先伝承の天格があり、それから大地を現す地格、そしてその中間に生まれるのが人格です。姓名判断に於いては、天格・人格・地格の数理を五行(木・火・土・金・水)に当てはめて占います。 これによって基礎運や成功運を見るわけですが、もしこの配置が悪ければ健康や精神に相応の影響を被り、成功運が悪い場合には抑圧の誘導があらわれます。故にこの天・人・地の配合は名付けをする際に最も重要な意義をもっていると言っても過言ではありません。

五行の性質とその関係

以下が五行とその性質です。矢印は五行の関係性をあらわしています。
ここでは五行の性質とその関係について簡単に解説します。

姓名判断 - 五格剖象方
数と五行の関係
数の1の位が一または二の場合 = 木の属性。
数の1の位が三または四の場合 = 火の属性。
数の1の位が五または六の場合 = 土の属性。
数の1の位が七または八の場合 = 金の属性。
数の1の位が九または〇の場合 = 水の属性。
相生の関係
 上記の図で隣りあう関係が相生の関係です。一般的には相手の働きを強める陽の関係となります。姓名判断では天・人・地互いの関係が相生の場合は吉とします。ただし、吉凶の強さや内容はそれぞれの五行の性質に依ります。
相剋の関係
 上記の図で向かいあう関係が相剋の関係です。一般的には相手の働きを弱める陰の関係となります。姓名判断では天・人・地互いの関係が相剋の場合は凶とします。ただし、吉凶の強さや内容はそれぞれの五行の性質に依ります。
比和の関係
 同一の五行同士の関係です。一般的には相手の働きを強める陽の関係となりますが、姓名判断では必ずしも吉としません。また、吉凶の強さや内容はそれぞれの五行の性質に依ります。

五行の性質は性格判断のページでも解説しています。それぞれの属性について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

成功運と基礎運

天人地三才の配置と五行の性質を理解した後は、天格と人格の関係において成功運を、人格と地格の関係において基礎運をみます。これは姓名学上最も重要な部位ですからよく見ておいてください。

基礎運
 基礎運はまわりの環境や境遇としてあらわれてくるもので、この配置が悪ければ環境の不調や変調を暗示し、境遇に恵まれにくくなります。境遇に恵まれなければ精神的な苦労が多くなり、気持ちも不安定になるばかりか、吉数があっても最大限に生かされないのです。また基礎運が悪いと病弱であったり、急な災難や事故に遭うおそれが強まりますので、姓名判断においては最も重大な部位と言うことができます。たとえ成功運が良くても、この基礎運が悪ければ思うように伸びていかず、一時的には成功しても、病難や災難に遭って没落してしまう可能性が高くなるのです。
成功運
 成功運は目的を達成する段階においての逆境や障害のレベルを表しており、主に人生の中盤から後半にかけてその威力をあらわします。成功運が悪ければ成功しないというわけではもちろんありません。しかし、もし凶相が出ていれば病気やトラブルなど種々の事柄によって順調な発達を抑圧されます。たとえ基礎運が良くても、成功運が悪ければ障害に伸び悩み、困難に苦心することが多くなると考えられるのです。また、成功運の悪い者に往々にして天才や偉人などがありますが、これは艱難苦難をものともせぬ強い先天運のもとに生まれた傑物であります。
三才の配置から分かる健康運
 健康運は文字通り身体が健全か否かを知る部分ですが、これは同時に体力や精力をも物語ります。三才の配置が万全な者は活気にあふれ、勢いがあって、肉体精神共に強靱な者が多いのです。ただし三才の配置が吉であっても人格部に凶数がある場合は健康運やや低下します。人格その他の部位と照らし合わせることによって、健康運をより緻密に判断することが出来ます。

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ