バス衝突事故 死亡した運転手と犠牲者の名前

 皆さんは2014年4月に富山県小矢部市のサービスエリアで起こったバス衝突事故を覚えていますでしょうか?物凄いスピードでサービスエリアに進入し、駐車場の大型トラック2台に衝突した事故です。この事故で私立金沢高校教諭の小野善広さん(48)と、運転手の小幡和也さん(37)の二人が亡くなりました。今日はこの事件で亡くなったお二人の名前について鑑定してみたいと思います。  まず高校教諭の小野さんですが、四格だけをみれば前運に27の非難運があるものの、主運に23の頭領数に加えて副運18の発達運を有し、総運には41の有徳智将の大吉祥数があらわれており凶災を被る理由がいまいち分かりません。しかし、天人地三才の配置に目を向けると、火火金で凶となっているのが分かるかと思います。特に注目すべきは火と金の部分であり、これは一見安穏に見えて対立・争いの暗示強く、精神疲労に陥りやすい凶配置です。さらにこのような配置には、急な災難に襲われる急難運の意味が加わります。  そして運転手の小幡さんはどうか。注目していただきたいのが、天格と人格に現れている金と火の関係です。これは小野さんにも現れていました。具体的には、天・人の金と火の関係は、上伸極めて困難であり心身を労し神経症あるいはその他難症に罹る恐れありとします。記事を読むと、運転手の小幡さんは連続の勤務で過労状態であったらしく、それが三才の配置から見る運勢状況と重なることが分かるかと思います。  このように、三才の配置に注目すると分かることが沢山あります。よくある四格だけを見る姓名判断、それも数理の意味を弁えずただ単に吉数か凶数かといった安易な方法で行う姓名判断では分からないことも、三才の数理に五行を交えることで姓名の内に含まれる意味が顕現するのです。

< 次のニュース

8億円借入問題で辞任 渡辺氏の悪運

前のニュース >

ジャニーズWEST 20代女性に性的暴力

ニュース一覧はこちら

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ