サッカー日本代表選手の名前

 ブラジルでのワールドカップを控え、サッカー日本代表は5月29日、アメリカでの合宿に入りました。今回は海外組のメンバーに絞り、それぞれの名前を簡単に解説してみたいと思います。  ・岡崎 慎司  主運に25の豪健運、副運に13の明瞭人気運と大吉数を有しますが、三才の配置は水土水の急変運であります。具体的な説明は省きますが、体も強い方ではなく、健康面にはかなりの注意を必要とします。前運の19は行動力抜群なるも逆運の暗示ですから、彼がこれまで相当の苦心困難を嘗めながらここまで来たことがうかがえます。また成功運も弱く、今後も難事の連続で苦労は絶えないでしょう。  ・香川 真司    三才の配置完全であるため成功運・基礎運ともに強固、境遇にはとても恵まれています。また身体・精神ともに強く、多少の困難はものともしません。しかし副運に14の破滅運を有するため、環境にはやや難が出ます。また総運に27の自我突出運を有しているので外見大人しくも自我は相当強く、負けず嫌いです。体は強いですが、健康・体調にはやや注意を要します。  ・本田 圭佑  本田選手は前運に13の明朗運、主運に11の穏和不屈大吉数を有し、総運には23の隆昌発展頭領運があって一種壮麗の感があります。しかし副運に12の薄弱運を有しているため見た目には出していませんが若干弱気な面が内にあります。また悪いことに三才の配置が水木火です。これは一見旺じていて良さそうに思いますが、天格の水と地格の火が相剋し凶兆をあらわす配置であり、健康や境遇等に難が出るでしょう。  ・長友 佑都  著名人の名前の吉名のところでも紹介していますが、長友選手の名前は姓名学的にはほとんど完璧です。特に主運の11、前運の23の組みあわせは不屈の闘志と発展的な気概をあわせもち、どんな困難でも挫けず邁進する暗示があり、とても良い。それでいて副運、総運にはそれぞれ温良な数をもちますので、人望・人気もあるでしょう。35数は男性にとってはやや胆力に欠けるきらいがありますが、それも主運と前運が補っているので問題ありません。  ・川島 永嗣  川島さんは全く言うことのない完璧な吉名です。心身健全にして体力・精神力とも強靱で、かつ穏和であるがゆえに人望もあり、頭領的資質も十分である。一切の難事不自由なく、今後も健全発達して安定と幸福を享受するでしょう。素晴らしい名前です。

< 次のニュース

首都高でトラックに突っ込む 3人死亡

前のニュース >

アマゾン ビジネス書ランキング1位の男

ニュース一覧はこちら

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ