タレントの磯野貴理子が脳梗塞で緊急入院

 先月の23日、タレントの磯野貴理子さんが自宅で体調不良を訴え、都内の病院に緊急搬送されていたことが明らかになりました。診察の結果は脳梗塞。命に別状はないとのことですが、復帰の時期は未定とし、しばらくは休養に努めると日刊スポーツは報じています。脳梗塞は食生活の乱れやストレスが要因となる場合もあるということなので、このことからも磯野さんの名前が良くないということが推測できます。それでは彼女の名前を見てみましょう。  まずは現在の姓名である高橋 貴理子からです。前運に27数自我突出非難運、主運に28数豪傑独断運、総運に53数吉凶半数があり、これだけを見ても非常に不穏な感じがしますが、さらに主運・前運が金金となっており、これでは安らぎを得られるわけがありません。しかし、この名前は2012年に高橋さんと結婚してからの2年間だけの名前ですから、彼女の健康運を見るには相応しくありません。なぜなら、脳梗塞に至ったその原因は長い間の不健康な生活にあったはずだからです。そしてその不健康な生活をしていた時期は、おそらく磯野貴理子という名前で過ごしていた時期が最も長いのではないでしょうか。  磯野 貴理子。健康運は主に三才の配置で見ます。磯野さんの配置は金・火・金・の大凶。その説明には、「時に過労による神経症・肺病その他難症を発する。」とありますが、この配置は主運の火が上と下の金を両方剋しているため、非常にストレスの溜まりやすい配置だと言えます。またこれは晩年になって凶運が現れ出やすい暗示ですから、そのストレスが元で脳梗塞を発したのではないかと疑うことも出来ます。  主運の23数は男性には大吉数ですが女性には寡婦運となり晩婚傾向となります。この数を主運にもつ女性は仕事はやり手の方が多いですが、異性関係には恵まれず孤独に陥りやすいでしょう。さらに総運の55数を見てください。極めて盛大なる勢力をもった頭領運ですが、これも女性には強烈な寡婦運となります。つまり、磯野さんは寡婦運を二つ名前にもっているということになりますから、幸せな結婚には恵まれにくく、結婚しても離婚する可能性がとても高くなります。さらに離婚しない場合には、どちらか運勢の弱い方が病気に倒れ最悪は死に至るという暗示もあるのです。脅かしているように思われるかもしれませんが、本当にそうなのです。  ただここで、「でも結婚して名前から寡婦運が消えれば大丈夫では?」という疑問をもたれるかもしれません。ここが面白いポイントです。もちろん結婚後に名前から寡婦運が消えて完璧な良名になればいいでしょう。しかし、往々にして生まれながらに姓名に寡婦運をもつ女性には、結婚後もその名前に不思議と寡婦運が現れるものです。これは磯野さんの場合もそうです。高橋 貴理子という名前には、主運に28数がありますが、これが準寡婦運なのです。ですから、結婚しても安泰というわけにはいかず、今後も波乱の人生から逃れることはできません。  最後に、磯野さんは芸名を磯野 貴理としていた時期があります。これにも外運に29が出て寡婦運が二つとなり、お世辞でも良い名前だとは言えませんが、それでも前の二つの名前よりは幾分かましです。私としては、芸名にはこの名前を使っていたほうが人気も出て良いのではないかと思いますが、それは仕方ないですね。

< 次のニュース

名前が完璧な吉名なら必ず幸福な人生を送るのか?

前のニュース >

巨人・阿部慎之助がアイドル女優とドロ沼不倫

ニュース一覧はこちら

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ