競技復帰した浅田真央選手の今後を姓名から読む

 ソチオリンピックから1年余り、フィギュアスケートの浅田真央選手は競技復帰を決め、2015年ジャパンオープンでは女子1位、つづく2015年中国杯では女子シングルで優勝を勝ち取るなど好スタートを切り、周囲からの注目が高まっています。私はスケートのことはあまり詳しくありませんので、浅田選手の過去の成績に関してはよく知りませんが、それでも強くて人気のある選手だということは知っています。今回は、そんな浅田真央選手の全体的な運勢を姓名から読んでみたいと思います。早速鑑ていきましょう。  浅田真央。ウィキペディアには、「名前の真央は、父親が女優の大地真央のファンであったことに由来する。」とありますが、姓名判断をせずにこれほどまでの良名を得るということは、浅田選手が先天的に恵まれた運勢をもっていることをあらわしています。というのも、先天的な運勢というのは少なからず名前にあらわれるからです。つまり、先天的に悪い運をもっている場合は凶名を、先天的に良い運をもっている場合は良名を得やすいということが言えるわけです。浅田選手の名前はほぼ完璧の相を呈しており、これまでの活躍と人気も納得できる素晴らしい良名です。

姓名から知る、人気・名誉・財を得る相

 浅田選手の前運と主運にある15数は「福寿円満」を司る最大吉の数であり、この数を主運に有する者は穏和で雅量があり、徳望・人徳に厚く目上からも引き立てを得やすい名誉運とも言える良運をもっています。また総運の32数は「僥倖多福」を司るこれまた最大吉の数であり、人気もあって財運も強いという非常に恵まれた運をもっています。稀にこの32数をあたかも悪い数のようにいう占い師もいますが、これは全くの誤りであり、熊﨑氏の著書にも「正に三天両地抱合の大吉祥数なり」とあります。  ただし、15数や32数にある名誉運や人気運、財運などを最大限に発揮するためには、まず姓名において最も重要な三才が良配置であることが必要です。(三才配置はその者の基礎的な運を象徴する部位であり、ここが悪いと一時は好調でも突如健康を害したり不慮の災難に遭って没落してしまうことが多いからです。)また、それでいて全ての運格に吉数があれば尚言うことはありません。その点、浅田選手の姓名はとてもバランスが良く、努力さえ怠らなければ一生を通じて人気・名誉・財に恵まれる良運を有しています。これは、浅田選手が「好きなスポーツ選手ランキング」で幾度も1位になっていることからも分かります。  しかし、浅田選手の名前は完璧で何も言うことがないというわけではありません。若干の不安が基礎運にあります。

浅田真央選手の基礎運にみる精神面での不安要素

 浅田選手は三才配置が吉配置ですから、基本的には体も強く精神力も強い方なのですが、人格・地格関係の【土・土】は若干の精神的脆さをあらわしています。というのも、この土が重なり合った形は「やや不活発」の暗示があり、ここぞという時の力が足りないと見るからです。もちろん一般の人には些細な問題かもしれません。しかし、フィギュアスケート選手である彼女にとっては、この些細な問題が大きな問題となるかもしれません。特にその演技で優勝か否かが決まるという大事な場面での緊張感は凄まじいものがあると思います。そこで再度気合いを奮い起こして勝ちにいくわけですが、この土・土の関係ではどうしても強靱な精神力が出にくいわけです。ですから、その点をうまく克服できるかが浅田選手の今後の課題と言ってもいいかもしれません。  では、強靱な精神力をもつ三才配置とはどのようなものなのか。それは概して人格が地格に生じられている配置です。たとえば浅田選手のように人格に土を有している場合は、地格に火があれば非常に強い精神力を有していると見ることができます。たとえば同じフィギュアスケート選手で言えば、安藤美姫選手高橋大輔さん、他のスポーツ選手では体操の内村航平選手やプロ野球選手の松井秀喜選手などがいます。このような人達は人格が地格に生じられているため、内面の根性が強く、ここぞという時に特に強い一面があります。

その者の努力の結果を成功運・総運から知る

 ここでもう一度、浅田選手の三才配置に目を向けてみます。基礎運に若干の不安要素があるとは言え、その成功運は【金・土】ですから、極めて強い成功運に恵まれていると言えます。これは違う言い方をすれば、浅田選手の努力が速やかに実るという暗示ですから、浅田選手は自身の不安点を克服して成功するということです。ですから浅田選手は、近いうちに以前のような華やかな活躍を見せてくれるでしょう。  また、浅田選手がその成功によって何を得るかということが総運に端的に示されています。これは先にも書きましたが、総運の32数は人気運や財運をあらわしていますので、浅田選手が今後の活躍によって再び多くの人達から祝福され、人気と財を得ることが分かるわけです。ただし、浅田選手がいつどのように成功するかということは先天運を読まなければいけません。誰しも時の運というものがあり、その月々、年々によって運勢が変化するからです。

佐藤信夫コーチとの関係を姓名から読む

 最後に、浅田選手と佐藤信夫コーチとの関係を簡単に見ておきましょう。私が若干不安に感じるのは、佐藤コーチの三才【金・水・火】です。この配置は目下の者を剋す暗示ですから、佐藤コーチが教え子に対して非常に厳しい一面をもっていることがうかがえます。それと同時に、これは不和・不仲の暗示をも有していますから、佐藤コーチと浅田選手の関係が最高とは言えないものであることが分かります。水と火はぶつかり合うからです。さらに、浅田選手の主運の土は佐藤コーチの主運の水を剋していますので、相性的な関係もあまり良くないと言えます。その点、浅田選手自身の不安要素よりも、佐藤コーチとの関係においての不安要素のほうが大きいと言えるかもしれません。  ただし、佐藤コーチの総運にある41数は極めて大きな器をもつ頭領運ですから、包容力はあるでしょう。またこの数を姓名中に有していることから、佐藤コーチが指導者としてとても優秀であることが分かります。このようなことを踏まえると、浅田選手・佐藤コーチの総合的な関係は良いとは言えないものの、浅田選手のもつ雅量や人徳・佐藤コーチの包容力を勘案すると、なんとかうまくやっていける関係であるということです。ということで、今後も浅田選手の活躍に目を見張りたいと思います。  ちなみに、浅田真央の「浅」は9数でもなければ10数でもなく、12数として取ります。これを間違えると姓名判断として全く意味のないものになってしまいますので、非常に大切です。詳しくは以下。

今回の漢字は「浅」です。

< 次のニュース

大久保嘉人選手の妻、莉瑛さんの病難と姓名との関係

前のニュース >

69歳で亡くなった阿藤快さん、その名前から分かる病難運

ニュース一覧はこちら

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ