続事故運!車と自転車が衝突し、生後7カ月の男児死亡

 前回に引き続き、今回も事故運について見ていこうと思います。事故は6日午前9時頃、東京都国分寺市で起きました。33歳の女性は生後わずか7ヶ月の息子をおぶって自転車に乗り、車と衝突、息子は頭などを強く打って搬送先の病院で死亡しました。この女性は横断歩道のない片側1車線の直線を、渋滞中の車両の合間をすり抜けるように横断していたそうです。さて、この事故に関わった人達の姓名を見てみると、やはりそれなりの事故・災難運があらわれていました。今回も事故や災難などを被りやすい姓名を紹介していくと共に、事故を引き起こしやすい五行関係について、前回よりも詳しく見ていきます。  まずは前回同様、事故の様子を知っていただくため、以下にニュース記事を引用します。    『6日午前9時55分ごろ、東京都国分寺市東戸倉の都道で、近くに住む山田文栄さん(33)の運転する自転車が乗用車と衝突。山田さんは転倒し、おぶっていた息子で生後7カ月の駿成君が頭などを強く打って搬送先の病院で死亡した。山田さんは軽傷だった。警視庁小金井署は、自動車運転処罰法違反(過失致傷)の現行犯で、乗用車を運転していた狛江市猪方、介護士、飯塚亜沙美容疑者(25)を逮捕し、容疑を同法違反(過失致死傷)に切り替えて調べている。』  『同署によると、現場に横断歩道はなかった。山田さんは駿成君をおんぶひもでおぶって自転車を運転していたという。』  『同署によると、現場は信号機や横断歩道のない片側1車線の直線。自転車は渋滞中の車両の合間をすり抜けて横断していたとの目撃があるという。』

姓名中に9・19数をもつ者は事故に遭いやすい

 自転車を運転していたのは山田文栄さん(33)です。主運には9数をもっていますが、この数は事故運とも言い、この数を姓名中に有する者は事故や災難を被りやすいのです。19数もまた同じですが、これは十進法において9という数字が、底を意味する0系数の手前にあることが原因しています。またもう一つ、9数の性質が非常にせっかちなのも事故を引き起こしやすい原因の一つです。記事には『自転車は渋滞中の車両の合間をすり抜けて横断していたとの目撃があるという』とありましたが、この行動が山田さんのせっかちさをよくあらわしています。  9数の水は滔滔と流れる河川の水にたとえられます。急流や渓流など、上流から勢いよく流れ出てくる水を思い浮かべてみてください。水は途中、水中の石や岩に激しくぶつかりながら素早くおりてきます。人格に9数をもつ人の性質・性格もそれによく似ていて、極めて活動的でせっかちなためぶつかりやすいのです。もちろん、三才の配置や数の構成により、人格に9系数をもっていても比較的行動が鈍い人もいますが、基本的にせっかちな性質であることに変わりはありません。  ですから姓名中に9・19数をもつ人は、車の運転などに対してより注意深くなければいけません。9系数のなかでも29数や39数は比較的良いですが、それでも裏面に悪運を含んでいます。  この事故の結果、山田さん自身は三才が良好なため軽症で済みましたが、おぶっていた息子は亡くなってしまいました。次はこの男の子の姓名を見てみましょう。

三才に「剋」の関係がある場合は事故や災難に遭いやすい

 男の子の姓名をうかがう前に、「剋」についてちょっと説明をしておきます。  三才配置において「剋」の関係がある場合も事故・災難に見舞われやすいと言えます。しかし、「剋」にも五行によって強弱があるのは当然です。以下に最も凶意が強い順に「剋」の関係を紹介していきます。ちなみに「剋」とは相手に対し、制する・攻撃する・打ち勝つなどの意味です。
【水 -> 火】の剋
五行中最も強い剋で、この関係が三才にある場合は危難があり、そのためすぐにでも改名をすべきです。これは水が火をすぐに打ち消してしまうことからも容易に想像できるでしょう。また、火の五行は「心臓」や「脳」などを象徴するため、命に関わる突発的な病難を発する危険性もあります。特に人格が火の場合が危険です。
【金 -> 木】の剋
次に危険な関係です。金が強ければ木は大きなダメージを受けるか、あるいはポキッと折れてしまいます。五行「金」には金属や岩石など硬いものの意味がありますので、衝突の暗示があります。それは車などによる交通事故かもしれませんし、金属製の凶器や鈍器による事件あるいは事故かもしれません。特に人格が木の場合が危険です。
【土 -> 水】の剋
土は水を吸収しますので、この関係が三才にある場合も災難を免れません。特に人格が水で天格・地格双方に土を有する場合最も危険です。また、人格が土で地格に水がある場合は陥没運と言います。
【火 -> 金】の剋
火は金を剋します。しかし、火が金を溶かすためには火はかなりのエネルギーを要しますので、【水 -> 火】などの関係に比べれば比較的弱い剋です。しかしそれでも【火・金・火】など上下から剋されている場合は「剋」が非常に強くなり、事故をはじめあらゆる災難を被ることになります。
【木 -> 土】の剋
この関係は「剋」のなかで最も弱いと言えます。これは土と、その土に根付いた木との関係を想像してみれば自ずと理解できると思います。しかしこれも、【木・土・木】など上下から剋される場合はとても剋が強くなり、大凶となります。前回のニュースで取りあげた「神戸三宮暴走の男」もこの配置でした。

亡くなった男の子は三才に強い「剋」をもつ

 亡くなったのは山田駿成ちゃん。まだ7ヶ月ですので姓名暗示は弱いものの、三才は【金・木・火】で、天格・人格関係に金->木の剋があらわれています。これは先ほども紹介しましたが、二番目に強い剋です。「金」には金属・岩石など硬いものの意味があり、それとぶつかる暗示があると説明しましたが、駿成ちゃんはおそらく地面か何かに頭を強くぶつけたようです。ここで、同一五行の剋にも強弱がありますので、以下に簡単に紹介しておきます。  たとえば、【水 -> 火】の剋には四種類の剋があります。それは数にはそれぞれ陰陽の属性があるからです。偶数は陰、奇数は陽です。以下に剋が強い順に説明致します。
1. 【陽水 -> 陽火】の剋
たとえば、人格13数の火に対し、天格19数の水などがこれに当たります。
2. 【陰水 -> 陰火】の剋
たとえば、人格14数の火に対し、天格20数の水などがこれに当たります。つまり、五行同士が同じ属性だと剋が強まるのです。これは、プラス・マイナス同士の磁石をくっつけようとすると分かるでしょう。
3. 【陽水 -> 陰火】の剋
たとえば、人格14数の火に対し、天格19数の水などがこれに当たります。
4. 【陰水 -> 陽火】の剋
たとえば、人格13数の火に対し、天格20数の水などがこれに当たります。
 駿成ちゃんの場合は天格が8数(陰金)、人格が22数(陰金)ですから、上記の中では二番目に強い剋に当たります。陰金は物で言えば、鋭い刃物のようなものではなく、岩石やコンクリート、あるいは鈍器などにたとえられます。  また、今回の事故で自動車運転処罰法違反の容疑で逮捕された飯塚亜沙美容疑者(25)も【木->土】の剋をもっています。この関係は先ほども述べたように五行中では最も弱い剋の関係ですから、これは事故自体がそれほど強い衝撃を伴った悲惨なものではないことを暗示しています。しかし、この事故で彼女の人生が狂ったことは確かであり、それは三才の剋と主・副運の凶数にあらわれています。21数は女性にとって大凶数であり、天格と人格の剋は逆境運として作用します。  さらに、人格から見た天格は年上の人間、人格から見た地格は年下の人間をあらわします。今回事故を起こした飯塚容疑者は天格を剋していましたが、飯塚容疑者から見て山田さんは年上です。またこの事故で亡くなった駿成ちゃんは天格に剋されていましたが、駿成ちゃんから見て飯塚容疑者は年上です。※ただし、人格と天格に剋の関係があるからといって、必ず年上の人間と事故をするというわけではありません。  このように、三才配置は姓名の要であり、運勢の土台です。ですから三才の悪い姓名というものは土台の弱い家のようなものであり、次第次第に崩れ始めてくるのです。現在、子供の名付けには一応姓名判断を用いるということが多いようですが、いくら四大運がすべて吉数でも、三才が悪ければ真の健康と幸福は望めません。ということで、どうか子供の命名には三才を適用して頂くよう重ねてお願い申し上げます。

< 次のニュース

「夫を殺してしまった」妻の姓名にあらわれた家庭運最悪の暗示

前のニュース >

神戸三宮暴走の男、数年前にも事故か!?

ニュース一覧はこちら

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ