高島礼子さんの境涯に見る、一生男運に恵まれぬ運とは

 最近、元俳優の高知東生容疑者が覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕された一件は、皆さんもよくご承知のことと思いますが、その陰で最も心を傷めたのが彼の妻で女優でもある高島礼子さんではないでしょうか。ところで先日発売された週刊文春には、『高島礼子”リアル極妻”半生記 「私は夢を追う人に弱い」──レーサーを目指していた不良少女は松平健の寵愛を受けトップ女優に。だが男運にはことごとく恵まれず・・・。』と題した記事が載りましたが、彼女の姓名にはそれを裏付ける「一生男運に恵まれぬ運」がありました。それでは早速鑑ていきましょう。  高島礼子「一生男運に恵まれぬ運」などと言うと、少し言い過ぎだと思われるかもしれませんが、前運に寡婦運がある場合は姓が変わっても寡婦運は抜けませんから、名前を変えない限りは一生涯寡婦運がついて回るという意味です。ご覧の通り、高島さんも前運に寡婦運をもちます。すなわちこれは前運ですから、特に前半生において男運に恵まれない・家庭運に恵まれないという暗示が強まります。  当サイトのユーザーの方々にはもうお馴染みですが、「男運に恵まれぬ運」とはつまり寡婦運のことです。21・23・33・39の四つの数が最も強烈な寡婦運であり、これが姓名中にある女性は概して男運・結婚運・家庭運に恵まれません。それは寡婦運が元々独立権威の象と極めて強い性情を有する頭領運だからです。したがってこの数が理想的な配置で男性にある時は、胆力・気力が充実した意気軒昂なリーダーとして周囲をたくましく引っ張っていく気概をもち社会的にも家庭的にも発展・幸福の吉兆がありますが、対してこれが女性にある時は、その強すぎる運勢・威力のために男性と運勢的な対立を起こし不和・波乱・孤独などの悪運を現出するのです。  また結婚前の女性では恋愛・結婚運に恵まれず予期せぬ破縁もあります。概してこれらは頭領運であり、面倒見が良い反面自分が全てをやってあげたいという気持ちが強いため、自分より弱い立場の男性を選びがちです。これは言ってみれば当たり前の話で、姓名に寡婦運をもつ女性は性格が強いため、同じように強い男性と結婚すればすぐに喧嘩別れとなる可能性が高いからと、それを本能的に知っているわけです。ですから姓名中に寡婦運をもつ女性は概して自分よりも弱いか、あるいは自分を立ててくれたり頼ってくれる男性、悪く言えば「ヒモ」体質の男性を選びがちです。もしそうではなく「俺に付いてこい」タイプの男性と結婚した時には、往々にして不和・対立・離婚があるでしょう。

寡婦運をもつ女性は「ダメ男」を選びがち

 文春には、以下のような記事もありました。  
その頃、高島は周囲に「私は夢を追う人に弱い」「全部自分がやってあげないと嫌」と本音を吐露している。元交際相手(高知が高島と交際する直前に付き合っていた女性)が続ける。「最初は高島さんのほうが彼のことに興味を持ったようでした。彼は『子供の頃はお母さんが家にいなかったし、すき焼きも食べられなかったから』と言って、いつも私は彼にすき焼きばかり作っていました。彼はそういう温かい家庭を求める一方で、椎名さん(椎名桔平さんのこと)のようなジゴロ的な人にも憧れを持っていた。そんな時に出会ったのが高島さんだったのです」
 また、男の方でも寡婦運をもっている女性というのはその匂いや雰囲気で分かります。もちろんそれは姓名に寡婦運があることが分かるという意味ではなく、強く頼れる女性だということが何となく分かるという意味です。特にヒモ体質の男性では、自分を養ってくれそうな頼れる女性を見る目が鋭いため、彼らが探し当てるのは往々にして姓名中に寡婦運をもっている女性達です。  文春の記事にも『ジゴロ的な人にも憧れを持っていた。』とあるように、高知容疑者もややヒモ体質であったと言えます。彼が目を付けたのが高島さん、そして今回の一件で不倫相手として発覚した五十川敦子容疑者ですが、彼女も姓名中に33数という強烈な寡婦運をもっていることが見て取れます。これは五十川容疑者が多分に男性的な頭領気質を有していることを物語っています。  概して寡婦運を有する女性は「ダメ男」を選びがちです。それは先ほども少し触れましたが、寡婦運をもつ女性は強烈な運勢を有し権威的、かつ男性的で頭領的な気質を有するため、人から指図されたり命令されたりすることが大嫌いな性格です。ですから、たとえば亭主関白な男性などは見るのも嫌なくらいで、一緒になっても喧嘩別れするのがオチです。このことから、姓名中に寡婦運を有する女性は往々にして自分よりも弱く頼りにならない「ダメ男」を選びがちであり、したがって家庭的に困窮するのです。また、そのダメさに愛想を尽かして離婚となるケースも多いでしょう。

寡婦運があると夫をダメにしやすい

 しかし、全く別のパターンも多くあります。それは、元々寡婦運などもっていなかったのに、結婚して寡婦運があらわれる例です。このような場合は、その夫は全くダメ男などではなく、多分に頼れる男性だったかもしれません。しかし、結婚して女性の側に寡婦運があらわれると、夫をダメにしてしまうことが往々にして起きます。なぜなら、寡婦運をもった妻は夫を剋すからです。ここで「剋す」の意味を再確認しておきましょう。これは辞書では「打ち勝つ」「制する」「対立して争う」などの意味があるとありますが、家庭的には妻は夫に対して冷たくなる・きつくなる・話をしなくなる・別行動を取る・批判する・言い争う・陰口を言うようになるなどの傾向があらわれます。そうなれば、結婚前はしっかり者だった夫も、毎日のように冷たく接しられる内、次第にダメ男化してくることがあります。夫の運勢が弱い場合は尚更です。  もし寡婦運を有しているがそのような兆候が全く無い夫婦でも、次第に不協和音を生ずるようになります。それは、寡婦運が目には見えないが強烈な運勢を有するためです。このため、もし夫が自分に完全に従順なタイプであるならまだしも、権威的で支配的な側面をもつ男性であれば、心の中に夫に対する敵対心や攻撃心が無意識に湧いてくるのです。  それ故、寡婦運をもつ女性は、結婚して10年も経つと夫に対して協力する気持ちが失せます。特に21・23・29・33・39などの強い数を男性の側でももっていると、運勢的に激しく対立するため目に見えて不和・対立が起きます。これは最近のニュースでも紹介したイチロー夫妻にもあらわれていました。寡婦運をもつ女性は強いエネルギーと頭領的な性質ををあわせもつため、家庭人としてよりも社会人として大きく活躍できる素質をもちます。ですから家庭に閉じこもっていたのではその強いエネルギーをもてあましてしまい、ストレスが溜まるのです。そしてその溜まったストレスがさらに夫へと向くと、夫はますますダメ男になっていきます。  また、生まれながらの姓名に寡婦運を有している女性は、結婚しても再び寡婦運があらわれることがよくあります。高島さんも結婚後大崎礼子となりましたが、その姓名には主運・前運と二つの寡婦運をもつことになり、家庭的には極めて不遇の人と言わざるを得ません。また、外格は夫をあらわしますが、そこには6数の土があります。この土は高島さん自身をあらわす人格の29数・水を剋しているため、これは夫との間に距離ができることを暗示しています。相性は良くても仕事の忙しさなどですれ違いが多くなりお互いに別々の行動を取っていたり、近くにいても心は離れているなどです。さらに、今回の事件で高島さんは夫から多大な迷惑・損害を被りましたが、これも人格・外格の剋が端的に物語っています。

寡婦運をもつ女性は社会的に成功しやすい

 一方、寡婦運は隆昌発展の運勢をもつため、社会的には大いに成功・発展の兆しがあります。これは高島さんにしてもそうですが、有名女優や女性タレントは寡婦運を有していることが多く、男勝りの活躍をします。特に三才において成功運が強い場合は社会的に頭角をあらわす者往々にしてあり、名を挙げるでしょう。ただし性格が強く鋭いため、人から敬遠されたり、対人運に支障を来して不和を醸して孤独に陥るということもよくあります。最後に寡婦運をもつ女性有名人を少しだけ挙げて終わりにしたいと思います。 ・和田アキ子 (歌手・女優)上沼恵美子 (タレント・歌手)江口小夜 (泉ピン子の旧名)久本雅美 (お笑いタレント)沢尻エリカ (女優)江角マキコ (女優)鈴木奈々 (モデル)熊切あさ美 (タレント)田嶋陽子 (元参議院議員)黒木瞳 (女優)

< 次のニュース

『汚れたハンカチ』と報じられた斎藤佑樹投手、その悪運は姓名にあり

前のニュース >

もうすぐ参院選!単独過半数狙う自民に対抗の野党、政党の運勢を字画で占う

ニュース一覧はこちら

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ