姓名による性格判断

姓名判断では、人格部1の位の数によってその者の資質・性格を知ることが出来ます。
以下に五行から導きだされる性格十種を書き出しましたので、ご自身の性格と照らし合わせてみてください。

ただし、もっと緻密に性格判断をする場合には、人格を形成しているそれぞれの漢字の画数から特性をみます。また、性格には地格や外格、総格などの画数もある程度関わってくることをご承知置き願います。

人格の数の1の位が一の場合 = 木 (陽性)
人格の数の1の位が二の場合 = 木 (陰性)
人格の数の1の位が三の場合 = 火 (陽性)
人格の数の1の位が四の場合 = 火 (陰性)
人格の数の1の位が五の場合 = 土 (陽性)
人格の数の1の位が六の場合 = 土 (陰性)
人格の数の1の位が七の場合 = 金 (陽性)
人格の数の1の位が八の場合 = 金 (陰性)
人格の数の1の位が九の場合 = 水 (陽性)
人格の数の1の位が〇の場合 = 水 (陰性)

五行の性質十種

一 木性(陽)
 大人しく落ちつきのある穏健タイプ。しかし内面には不屈の闘志をもっており質実剛健である。あまり活動的ではないが着実に事をすすめてゆく精神力があり、また何事に対しても漸進的な態度でいどむのが特徴。落ちついていて理性に富み、物事を論理的に考える力に秀でる。またわずかながら猜疑心あり。11、21、31、41とでその趣は多少異なるも、概してこの数を人格に有する者は頭領たる資質をそなえ、逆境にあっても負けずに挑戦し続ける粘り強さがある。
二 木性(陰)
 大人しく穏やかな平静タイプ。辛抱強く、何事にも漸進的の態度でのぞみ、一歩一歩着々と力をつけてゆく忍耐力と精神力をもつ。しかし内面には些かの怒気と執着心とをふくみ、ある者は猜疑心と嫉妬心とがやや強い傾向にあるのもこの数の特徴である。あたかも堅忍不抜の態で役々と艱難に耐えながら事を凌いでゆくという性質だが、努力のわりには思うような結果をだせず苦心の末に不平を嘆く者あり。但し独立心が旺盛な者は著しき発達を成す。2、12、22は苦難多くやや陰気な性情なるも、32は僥倖運にして快闊なり。
三 火性(陽)
 活気と覇気のある明快タイプ。活動的な性質で何事にも果敢に挑んでゆく力強い気概をもつも、急躁で感情が鋭いため往々にして怒りやすいのが特徴。あたかも燃えあがる炎の如き熱性と気迫があり、鋭意かつ敏巧で次々と事をなしてゆく急進的な人物である。しかし耐久力や持久力に欠けるため、意志薄弱な者は継続の力に乏しき憾みあり。またこの数を人格に有する者のなかには弁舌に長ける者が多く、才知秀逸なるものは衆目をあつめ頭領となる。
四 火性(陰)
 外見静穏なるも裏に陰をはらむ急進タイプ。大抵は物静かで大人しく見えるが、内面には爆発的な気性があり内情は急躁である。また非常に神経質な者が多く、小さな事にも癇癪をおこしやすいため、表裏の矛盾からいたずらに精神を磨りへらす傾向がある。概して頭の回転が速く敏活にして弁才あるも、内心の苛立ちや神経の鋭さから思わぬ対立をうむことあり。なかには虚栄心から誇言や虚言を弄する者、或いは素直さに欠け他人を容易に認めぬ者など、その多くは安穏を得難い。但し人格24の場合は温順で運気隆昌なり。
五 土性(陽)
 温厚で人当たりの良い順良タイプ。雅量に富み、人と親和する力に秀でる。円満な性質で角がないために他人と同化しやすいのが特徴。来る者は拒まず交際も賑やかである。しかし内面にはいささか頑強なところがあり、時に強い反発力を発揮し抗抵する。泰然として落ちつきがあり、それほど活動的ではないが、時機を得れば大事を成し遂げるだけの才覚と根気をあらわす。なかには何事にも不徹底で庸劣な者、放埒で自堕落な者などあるも、概してこの数を人格に有する者は周りからの引き立てや恩愛にめぐまれる。
六 土性(陰)
 穏和で人当たりの良い重厚タイプ。剛柔両面の気質をあらわし、人により柔和で大人しい印象を与える者もあれば、反対に堅く強情な印象を与える者もあり、概して内面には剛気な性質をもっているため、場合によっては強い反抗心を現出し、時に果敢な行動力をしめして大事を成す断行勇決なる烈士や侠者あり。度量があり親しみやすいが制抑に対する反発力も強く、懐疑心と嫉妬心がやや深い傾向にある。6、16は闊達で明るい気質なるも、26、36、46は波乱運にして内に暗い影をふくむ。
七 金性(陽)
 粲然たる鋭気を放つ剛気タイプ。刀剣の如く鋭い気概をもち、強気で何事にも屈せず果断勇進なり。知謀あり敏腕で意志堅固、一度決した事はどんな困難に遭遇しても貫きとおす忍耐力と闘争心とを有す。しかし自我が強く柔軟さに欠け、人と和する力が弱く度量はやや狭い。概して内面には虚栄心があり、なかには己を大きく見せたいという気持ちから自慢や虚言を弄して偉ぶる者あり。また剛情で頑固な反面情にもろいのも特徴。この数を人格に有する者は活発な行動派が多く、女性は男勝りとなりやすい。
八 金性(陰)
 朴直にして剛情タイプ。すこぶる剛毅な性質で、一度決した事はいかなる困苦障害に遭おうとも後へ退かぬという強堅な鉄石心を有し、決断力も抜群で一心不乱に目的へむかって猛進する力がある。しかし自我が強く頑固なため人を容れる雅量に乏しい。他人と和合できずに対立や論争に傾く者、また交際が思うようにいかず不満をかこつ者などあり。律義で情にもろいのもこの数の特徴である。概して女性は男性的になりやすく、剛情で勝ち気なため家庭にあっては注意を要す。
九 水性(陽)
 淡泊にして行動力に優れる利発タイプ。極めて活動的な性質で好奇心も旺盛なため、一つに留まることなく次から次へと事を為してゆく急流の趣きあり。執着心がなく思い切りはよいが、移り気な面があり物事に飽きやすく、平生は静かに見えても何かにつけて激しやすい。但し激しやすくも冷めやすく、物事にあたる時は理性的かつ論理的。また頭の働きが敏く直感力に秀でるのもこの数の特徴である。しかし活動の割に功を得られぬ喪失の禍あり、大才は大事を成すも多くは活動が実らず疲弊と不平におちいる。
〇 水性(陰)
 沈鬱的な性情をはらむ陰気タイプ。あたかも静謐な湖面の如く停滞的、活動の素質なく沈然とした趣あり。辛抱強いが苦労性なため何かにつけて心配や不安が絶えない。また非常に気弱な人物が多く、進取の意欲に欠け、意志も脆弱で覇気に乏しい。警戒心が強く保守的な者、人を避けて孤独を好む者などあり。しかし頭の働きがするどく器用で知性に富むという側面をもつ。この数時に極端な行動を為す勝れた活動家を出し、稀に不世出の偉人や傑物をうむ。

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ