清水健アナウンサーの妻が死亡

 読売テレビアナウンサーとして活躍する清水アナウンサーの妻、奈緒さんが乳がんで亡くなったという訃報が入ってきました。私はこの清水アナウンサーのことは全く知らず、先日ある週刊誌を読んだ妻から聞いて初めて知ったのですが、名前を調べてみると亡くなった奈緒さんの名前が非常に悪かったため、皆さんの参考になればと思いここに書くことを決めました。  結婚前の姓名は分かりませんが、結婚後はおそらく清水奈緒という名前であったと思います。ネットでも彼女の周辺の人物がこの名前で呼んでいましたので、清水奈緒として鑑定します。ただし、結婚したのが2013年ですからこの姓名で暮らしていた時期は長くはなく、結婚前の名前の影響が残っていることも考慮したうえで見ていただけると幸いです。  清水奈緒。まず見ていただきたいのが主運の12という数です。これは病弱・薄弱を象徴する数であり、特に健康を損ねやすい運をもちます。人柄としては穏やかで大抵はニコニコとしている雰囲気があり、周囲からは優しいと言われ好感を持たれるでしょう。しかし内心はむしろ逆です。忍耐力あるも意志が弱いため物事は長続きせず、思考はややネガティブな傾向があり、体調も崩しやすいため何かにつけて苦労性です。  三才の配置はどうでしょうか。それは土・木・火となっており、解説には「健康、特に腹部・内臓の病に要注意。」とあります。乳がんですから腹部ではありませんが、位置的には近いです。とにかくこれは病難の暗示です。  それから外格にも27という悪い数が出ています。しかし彼女は29歳であり、加えて清水奈緒という姓名となってから日が浅いことを考えると、外格の影響はあまり考慮しなくてよいと思います。例えば名前を改名した時なども、まずその影響が現れるのは前運であり、外格の影響は随分後になってからです。もちろん、生まれてすぐであったり改名初期であっても外格の影響を受けるには受けるのですが、初期の頃はまだ凄く小さいのです。  ではこの場合、姓名のどこに最も注目すべきかといいますと、やはり前運ということになります。奈緒さんの前運を見てください。23という数字があります。寡婦運というやつです。これに関しては何度も述べていますが、寡婦運をもつ女性が最も不幸を味わうのが家庭です。結婚した女性が寡婦運をもっているとどうなるかに関しては詳述しませんが、最悪は若くして死別します。つまり、その最悪のケースが清水夫妻の場合なのです。  では、どちらが先に亡くなるのかを知りたい場合はどうすればいいでしょうか。その場合は、夫妻それぞれの名前の力量を調べ、その力量の弱い方が先に亡くなると断じます。もちろん先天運の強弱や流年の吉凶によっても影響がありますから、その判断が100%当たるとは言えませんが、それでもかなり高い確率で当たります。清水夫妻の場合は、名前の運勢の強さは夫である清水健さんの方が勝っているため、妻の寡婦運の悪影響は妻が被ると見ます。  しかし、妻が被ると言ってもその不幸の余波は家庭全体に及びます。さらに奈緒さんには総格にも強烈な寡婦運がありますから、この影響も少なからずあったわけです。もし、彼らが姓名判断を少しでも理解していたら、おそらく状況は変わっていたでしょう。  最後に、寡婦運に関してはこちらも参考にしてください。

< 次のニュース

JRAの元騎手が首吊り自殺

前のニュース >

和歌山小5殺害事件、犯人と被害者の名前

ニュース一覧はこちら

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ